ビューティーオープナーの卵殻膜効果とは?

東大教授の卵殻膜エキスとは?

東京大学の跡見順子名誉教授グループの研究した卵殻膜とは卵殻膜による未知の機能の解析として有名です。





テーマとしては、『卵殻膜と皮膚繊維芽細胞の関係』・『卵殻膜と皮膚弾力性・水分量の関係』となっています。


ひとつめの『卵殻膜と皮膚繊維芽細胞の関係』とは、卵殻膜が皮膚におよぼす影響を研究しています。


そして、ふたつめの『皮膚弾力性と水分量の関係』とは、皮膚の下の弾力性、つまり『皮膚のハリ』そして、皮膚の水分量、つまり『皮膚の保湿性』と卵殻膜の関係を研究しています。

繊維芽細胞とは?

繊維芽細胞とは、肌のハリ、つまり弾力のもとであるコラーゲンやエラスチンといったものをつくりだす細胞です。





この跡見順子東大名誉教授グループの研究により卵殻膜エキスとこうしたコラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞との関係を研究したわけです。


もともと、卵殻膜とはスポーツ界では、『天然の絆創膏』といわれるような特殊な働きは知られていたので、そのことを科学的に研究して根拠があることをつきつめたわけです。

NHKでも紹介された卵殻膜エキス

この卵殻膜エキスとは、2年ほど前になりますが、NHK総合の『マサカメTV』という番組で紹介されています。





そこで、『ジョーシキの殻を破る卵』として跡見順子先生が卵殻膜について説明され、とくにその天然の絆創膏としての機能が、卵殻膜の細かいメッシュ構造によるものであることを説明したあたりからこの卵殻膜が多くの人に認知され広がってきました。


ちなみに、卵殻膜と卵の白身と殻のあいだの薄皮のことで、卵殻膜のメッシュ構造とは、細かいメッシュ構造のため水分は通さないのですが、空気はとおすので、傷口に卵殻膜をはりつけておくと、傷の治りが早いというものです。


これは昔からしられていて、お相撲さんなどが、昔からつかっていたことも知られています。

東大:卵殻膜エキスの浸透力の口コミは?

東京大学名誉教授である跡見順子先生が『瞬間的に、これはいける!、と思ったんです。』という卵殻膜エキスですが、とくにその浸透力の口コミが目立ちますので、今回ビューティーオープナーの口コミのなかでもとくに、【浸透力】に関する口コミをまとめてみました。









2,3滴つけるだけでモッチリ感があります。













さらっとして肌にすっとはいっていくのがわかります。













濃い美容液が肌に浸透するのがわかります。













お肌に乗せるとすーーーっと馴染んで浸透します。













とーっても、肌になじむ感じがします







化粧品とかって、理屈は怪しいものが多いですが、やはり口コミって正直だと思っています。


ダメなものはダメって、口コミが出ちゃいます。だからこそ、このビューティーオープナーは、浸透力に関しては、高評価な口コミが多いこともあり、わたしは購入にいたりました。


やはり私の感想としても、言葉で書くのは難しいのですが、つけてみると実感します♪♪♪

東大教授の卵殻膜エキスが浸透しやすい理由

東大教授が開発に携わったというだけに、理屈もしっかりしてそうなので、浸透力に関する情報もチェックしてみました。


すると、今回のオージオ・ビューティーオープナーの主成分である卵殻膜エキスはタンパク質が豊富に含まれていてヒトの肌や髪の毛に近い成分が18種類も含まれているとのことです。


ヒトの肌や髪の毛に近いからこそ、肌になじみがよく浸透力がたかくなるという理屈のようです。


たしかに、そのせいか、洗顔後にこのオージオ・ビューティーオープナーをつけると、そのあとの化粧水等の入りがいい感じがします。


これって、やはり実感しないと言葉では言いにくい部分があります。


そもそも、卵殻膜という物自体がふるく昔からケガの早期治療などにつかわれてきたという事実があることが重要であり、そうした実績がこの卵殻膜エキスが他の化粧品とは一線を画するものとなっています。


空気って、みえないけど存在しています。


それとおなじく、オージオ・ビューティーオープナーの卵殻膜エキスのちからって、東大教授をもってしても言葉では表しきれていないと思います。


ただ、その実感力だけはまちがいないのが、このオージオ・ビューティーオープナーなんだとおもいます。



>>ビューティーオープナーの口コミに戻る

 

サイトマップ